いろいろな契約先と費用

銀行系クレジットカード

クレジットカードは今多くの種類のものがあり、どこのどのカードなのかわからなくなるほどたくさんあります。
各ショッピングセンターなどや、コンビニなどでもクレジットカードが作られててきています。
いろんなところに買い物に行く人ほどたくさんのカードを持っている場合が多いです。
クレジットカードにはいくつかの種類に分けることができます。

例えば、銀行系クレジット、信販系クレジット、メーカー系クレジット、など様々です。
それぞれのクレジットカードによって、特徴や特典などが違ってきます。
今回は、銀行系のクレジットカードについて考えてみたいと思います。
銀行系のクレジットカードには、都市銀行、地方銀行、ネット銀行などがあります。
もちろん各銀行によって特徴が違ってきます。

また、こちらhttp://www.twoinchview.com/にも書いてあるように都市銀行などで有名なのは、三井住友カード、三菱UFJニコスカード、みずほカードなどがあげられます。
最近では都市銀行と信販系のクレジット会社が合併するなど、あまり垣根を感じることが少なくなってきてはいます。
ただし、クレジットカードを作る際には、各銀行ごとのメリットの違いがあります。
なのでどの銀行が自分の生活スタイルに合っているのか考えてから作るようにしましょう。

銀行系クレジットカードの場合、圧倒的に多いのがメインバンクのキャッシュカードと一体化したクレジットカードも持つことです。
かなり昔はキャッシュカードをクレジットカードの二枚を持たなくてないけませんでした。
なので、財布がかさばったり、持ち歩きが大変、どちらかが紛失するなどのトラブルもありました。

しかし今では一体化して一枚で、どちらのサービスも受けれるので、クレジットカードを申し込む人が増えました。
銀行系のクレジットカードのメリットは、引きだしや振り込みの際の手数料が無料になったり、安くなるということです。
特に引出しに関しては、契約カードによってもことなりますが、土日祝日・平日時間外でも手数料無料の場合があります。

また銀行のATM以外でも、コンビニなどで引き出しも手数料が無料の場合もあります。
銀行によっては、月単位で無料の引き落とし回数が決まっていたり、何度でも無料の場合もあります。
平日仕事をしていて、時間内に銀行に行けない人などはとても便利です。
外出先で銀行を探さなくても、コンビニなどでも手数料がかからずおろせます。
このようなサービスは、都市銀行の方が全国各地で受けれる場合が多いです。

地方銀行のクレジットカードは、その地域で使用することで大きなメリットがあることがあります。
生活圏の買い物先で割引きがあったり、住宅ローンなどの借り入れの際に金利優遇が大きいなどのメリットがあります。
銀行系クレジットカードは、日常生活での利用がとても多くなります。
なのでメインバンクのクレジットカードは一枚持っておくととても便利です。
更に詳しく知りたい方はクレジットカードに関することをまとめたこちらのサイトもおすすめします。http://www.h-ps.jp/

カード払いのメリットは高額なものを購入するとき手持ちの現金がなくても分割にできるところです。
自由診療であるレーシックは視力回復を期待できる安全な手術なので年々受ける方が増えています。
そんなレーシックは高額な費用がかかりますが、カード払いが可能なのであまり負担なく手術ができるので人気のようです。

Menu