いろいろな契約先と費用

海外でも使えるクレジットカード

海外旅行をする際、お支払いを皆さんはどうしていますか?
今多くの人が、クレジットカードでの支払いをする人が増えています。
その大きな理由の一つに、現金を持ち歩くことが危険だからということがあげられます。
特に日本人は、警戒心があまりなく、さらに旅行先でいつもと違う環境にいると気分も高まり気が緩みやすいです。

なのでひったくりや盗難などに合いやすいといわれています。
現金で被害に遭ってしまうと、ほとんどの場合補償はなくお金が戻ってくることはありません。
せっかくの旅行も台無しになってしまいます。
そんなトラブルを回避するためにも、現金を持ち歩くのではなく、クレジットカードでの支払いにする人も増えています。

ただしクレジットカードには、国によっては使用できるものとできない物もあります。
なんでもクレジットカードがあれば大丈夫というわけではありません。
せっかくのクレジットカードも海外で使えなければ意味がありません。
そんなトラブルにならないようにするためにも、どのカードを持っておくのがいいのでしょうか?

海外で一番多く提携しているのが、VISAカードです。
まだおもちでない人は、どこのカード会社でも構わないので一枚持っておきましょう。
契約する際には、自分のメインバンクや、いつも買いものをするところのカードなどを作っておくといいでしょう。

海外旅行以外にも、持っておくとお得な場合が多いです。
また海外ではVISAカードが使えないところもあります。
なのでその他のマスターカードやJCBなどのカードをもう一枚持っておきましょう。
クレジットカードは、それぞれ会社によって付帯機能も異なります。
なのでそれそれのカードで、補償内容の違いもあります。

カードごとのメリットやデメリットを補うといった面でも、いくつかのカードを持っていたほうがいいでしょう。
これらのカードを作る際に、年会費などがかかる場合と無料な場合があります。
なのでしっかりと確認して契約しておきましょう。

また海外で信用度が高いカードというものがあります。
それはAMEXカードや各カード会社のゴールドカードです。
AMEXの場合は年会費がかかりますが、海外では一番使用度が高いカードです。
なのでカードの信用度が高いと、持っている本人の信頼も上がります。
それと同じ効果があるのが、ゴールドカードです。
高価な買い物ほど、相手の信用があるのかとお店側は不安に感じるものです。
そんな時にゴールドカードを持っていると、それなりの待遇が受けられます。
なのでもしお手持ちでゴールドカードがある場合は、必ず持っていくようにしましょう。

海外ではどのようなことが起こるのかわかりません。
なのでメインのクレジットカードのほかに数枚の予備のカードを持っておくと安心です。
海外で急なキャッシング、海外旅行傷害保険などの付帯機能も、複数のカードを持ち合わせることで利用可能な場合があります。
一度確認したうえでクレジットカードを作るようにしましょう。

また、クレジットカード払い出来る学資保険http://xn--ruqz4zs43b2di.wsについての記事も気になりますね.

Menu