いろいろな契約先と費用

クレジットカードの付帯機能

クレジットカードを作るときはどんな時が多いですか?
多くの人は、作るつもりではなくすすめられてお得だなと感じた時に急に作ることにしたという人が多いのではないでしょうか。
なのでカードにどのような付帯機能があるのかしっかり把握できていない人もいます。
またそんな人とは逆に、カードの付帯機能が魅力的に感じて、そこのカードを作るといった人もいます。

そんなカードの付帯機能についてどのようなものがあるのか知っておくととても便利でお得なことがたくさんあります。
なかにはトラブルに巻き込まれた時などに大変助かるような機能もあります。

まずクレジットカードの付帯機能にはどのようなものがあるのでしょうか。

一番よう耳にするのが、海外旅行損害保険です。
具体的には海外で何かトラブルに巻き込まれた際に、補償してくれるといった機能です。
補償金額が最高3000万円から一億円までとカード会社によって違ったり、カードのランクによっても違ってきます。

補償の内容は例えば、海外旅行先傷害により死亡したり、後遺症が残った場合が一番保険が高くなっています。
旅行先でそのようなトラブルに巻き込まれることは、少ないかと思います。
しかし何かあったときには、家族は安心です。

また実際あったケースでよく耳にするのが、治療費です。
入院となったらその海外での基準にのっとり医療費を払います。
国によっては、入院数日で百何万といった額が請求されて驚かれる人もいます。
そんな時にもカードの海外旅行傷害保険の機能があると30万~150万までの補償が受けれます。
また旅行先で盗難や紛失した場合の補償がある場合もああります。
条件付きですが、50万円ぐらいまでの補償があるカード会社もあります。
しかしこれらの補償は、カード会社によって無料でついているものと、別途で年間費を払って申し込みをする場合など様々です。
補償内容も、カードのランクによって大きく異なります。
普段からカードの利用が多い、ゴールドカードなどをお持ちの人は機能が充実している場合が多いです。
海外旅行にこれから行く予定がある人は、一度ご自分のカードをチェックしておくといいでしょう。
またほとんどのクレジットカードについている付帯機能の一つにキャッシングがあります。
上限が決まっていますが、急なおかねがひつようになって手元にない場合、お金を借りることができます。
ただしキャッシングした場合は、返済の際に借りた金額にプラス利息がかかることをしっかり把握しておきましょう。
カード会社によっても利息の利率も違います。
なのでもしいくつか持っている場合は、一番利率が低いカードでキャッシングしましょう。

その他に身近な付帯サービスと言えば、ETC機能です。
カードの申し込みの際に、同時に申し込みをしますかと聞かれる場合が多いです。
高速道路を頻繁に使う人は、料金の割引や支払いがカードなので現金を出したりする手間も省けます。
またETCの場合は専門ゲートを通るので、スムーズに通行することができます。

これらの他にもクレジットカード盗難保険、ショッピングパートナー保険などの補償もあります。
中には空港のラウンジを無料で使用でき、ネットやドリンクや軽食などのを無料で受けれることがあります。
一度ご自分のカードの付帯機能がどのようなものがあるの確認しておくと、いざという時にとても便利です。
クレジットカードでお得に買い物する方法がこちらに載っていますので参考にしてください。

Menu