いろいろな契約先と費用

クレジットカードの更新と解約

クレジットカードというものには、必ず更新があります。
一度作ったらずっとそのカードを保持できるというわけではありません。
クレジットカードを見ると、必ず使用期限という年数と利用月が記入されています。

なのでその年のその月になると、自動で更新されていくという仕組みになっています。
更新の手続きは、本人が確認しなくても、一か月前からカード会社で準備されます。
そして利用期限が切れる一か月前か半月前までに、登録した住所先に送られてきます。
クレジットカードを更新するときにいくつかの注意点があります。

まず一つ目は、通常自動更新されますが、更新拒否される場合があります。
原因は、カードの支払いの延滞などで、本人の信用がないとみなされた場合です。
この場合は更新月をもって解約という形になります。
その他のカードも、新規で契約できない場合が多いので、延滞などは返済が無理なキャッシングはしないようにしましょう。

またもう一つは、登録先の住所の変更を届け出ていない場合です。
引っ越しなどで住所が変わっていても、カード会社にこちらから連絡しなければ、変更はできません。
なので、そのままにしておくと、更新月に以前の住所にカードが送られてしまいます。
本人確認ができないため、新しいカードがカード会社に戻ってしまい、そのまま解約となってしまう場合があります。
なので住所や結婚などで氏名が変わった場合は、必ずカード会社に連絡しましょう。

またご自分の意思で解約したい場合は、いつでも構いません。
カードの裏側にある電話番号に電話するだけで、簡単に受け付けてくれます。
特別な場合を除いては本人でなければ、解約を受け入れられない場合が多いです。
カード番号などを聞かれるので、手元にカードかご利用明細などを準備してから電話しましょう。
解約の時期はいつでも構いません。
しかし年会費などがかかっている場合は、年会費が引き落とされる前に解約の手続きをしましょう。

また更新月が近付いてきたときに、カード会社からお知らせの通知などが送られてきます。
そのタイミングで解約する人なども多いです。
解約する際には、公共料金などの毎月の支払いを利用している場合は注意が必要です。
新たなカードの申し込みをした際には、カードができるまでに一カ月かかる場合があります。
またお手持ちのカードに引き落とし先を変更する場合は、手続きに数カ月かかる場合があります。
なので解約したい場合は、決まった支払いを新たなカードに変更してから行う方が安心です。

Menu