いろいろな契約先と費用

クレジットカードの入会金と年会費

皆さんがクレジットカードを作るときって、どのような場合が多いですか?
例えばいつも買いものに言っているショッピングセンターの一角で、クレジットカード申し込みキャンペーンなどを行っています。
そんな時に声を掛けられて、お得だから作っておこうかという人もいます。

また家電や車など大きなお買い物をする際に、クレジットカードを作ると割引やサービスが受けれるからとすすめられることもあります。
すすめられたからと言って、何枚もカードを持っていると、カードの管理などがとても大変になります。
財布が膨らんだり、紛失したりなどのトラブルが多くなったりします。

また一番クレジットカードを作る場合、気をつけておきたいことは入会金と年会費という費用があるということです。
入会金はクレジットカードを申し込む際にかかる経費になります。
なので最初の一回のみ支払います。
年会費は、そのカードを保有している限り毎年支払っていく費用になります。
カード会社によって、設定金額も異なってきます。

よくキャンペーンなどで、入会金が今なら無料です、などといった呼び込みをしているのを見かけます。
それならと思い話を聞いてみると、年会費がかかったりする場合もあります。
年会費に関していえば、カード会社によっても大きく異なります。
年会費が永年無料の場合は、そこのクレジットカードを持っていても何の経費もかかることがありません。

よくあるケースは、http://www.medisel.com/nennkaihi.htmlにも書いてあるように年会費初年度は無料、翌年から○○円という場合です。
てっきり、無料だと思い作ったら翌年に請求がきて初めて気づく人もいます。
またこの他にも、一年の間に一度でもクレジットカードでお支払いした場合は、年会費が無料になるといった場合もあります。

一年に一度ぐらいは使うだろうと思って作ったけれど、普段現金主義な人は忘れてしまい年会費の請求が来る場合もあります。
年会費を払っても、クレジットカードの付帯機能で特典や補償が受けれているのをメリットだと感じているのであれば構いません。

例えば、無料のロードサービスや、ショッピングセンターでも駐車場が一時間サービスなど身近なサービスがたくさんあります。
全くそういったものがなく、使わずに保持をしているのは年会費などがかかりもったいないです。
年会費の多くは、入会した翌月に毎年支払うことが多いです。
なので支払い請求が来る前に、一度確認しておきましょう。

また年会費が一回のクレジットカードの使用で無料になる場合は、毎月の公共料金の引き落としなどで利用しておきましょう。
必ずかかる費用にしておくと、使い忘れもなく年会費もかかりません。
さらにはそこのカードのポイントもたまるので、とてもお得です。
クレジットカードを新規で申し込む場合は、年会費の確認をしておきましょう。
年会費がかかっても、持っておくと受けれるサービス内容の方が上回るのであれば、クレジットカードを作るのがお薦めです。

Menu